お知らせ

  • mixiチェック

「アドバンスセミナー 古文のポイント(再掲)」

■2020/02/20 「アドバンスセミナー 古文のポイント(再掲)」
「アドバンスセミナー 古文のポイント(再掲)」
古文が苦手だ、というお話を指導中によく聞きます。特効薬はありませんが、意識してほしいポイントはいくつかあります。

1、省略が多い
主語(動作・感情のみが書かれる)、助詞(が、を、に、など)「」(どこがはなした)など、現在では省かれないものが省かれています。読みながら(脳内で)「これは誰の動作?」を考えながら読みましょう。

2、助詞「が」⇔「の」の言い換え
必ず…ではありませんが、かなりの確率で使えます。
今の格助詞「が」と「の」の入れ替わりが多いです。

(例)鬼が島
鬼が島になって浮かんでいる…訳はありませんよね?鬼の(住んでいる)島です。

この二つならすぐにも役立つはずです。

これ続きは…アドバンスの指導で。



家庭教師アドバンス
URL http://pt-adv.jp
札幌市中央区南21条西8丁目2-16
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
フリーダイヤル:0120-405-150
※9:00~22:00(年中無休)