1対1指導が選ばれる理由

自分だけの学習カリキュラムが
「苦手克服」の第一歩。

1対1指導の良さは多くありますが、やはり自分だけの学習カリキュラムを組めること、それをこなしていけるという贅沢さが挙げられるでしょう。

集団指導

どの教科も生徒それぞれ習熟度に差があるものです。
得意不得意分野は違いますし、伸ばしたい教科・単元も人によって異なるものです。
しかし、集団指導になると、
「苦手単元だからゆっくりと学習したい」
「得意科目だからもっと難しい問題に挑戦したい」
といった個々の要望に応えられなくなります。
生徒がきちんと宿題をやってきても講師は個々の実施状況を点検しきれず、各生徒が「わかっているところ」も「わからなかった箇所」も、一様な解説になります。
集団指導では、他の生徒が勉強を頑張っている様子をみて、それを自分のやる気に繋げられる気持ちが重要です。

集団塾
(講師1人対生徒20人前後)

個別指導

講師1人に対し生徒2名、多い場合には講師1人に対し生徒5名のような指導形式となります。
中には、同じ教室内に学年の異なる生徒が沢山いて、わからないところがあれば生徒は講師のところに質問しに行くタイプの1対1指導という教室もあるようです。
基本的にはプリントやワークを自習形式で行い、90分指導と言っても実際に指導を受ける時間は30~40分程度になります。
また毎回講師が変わる為、生徒本人の性格や学習状況が把握できていないというところが多いようです。
個別指導塾をうまく活用する為には、自宅学習により予め質問事項を準備し、塾に行った時に一気に質問するというような自宅での学習習慣が必須です。

個別指導塾
(講師1人対生徒2〜5人)

家庭教師

生徒が困っていそうなときは講師から積極的にサポートを働きかけることができます。
「どのように質問していいのか分からない」
「どの教科のどの単元から手を付ければ良いのか分からない」
「勉強の仕方から教えてほしい…」
「勉強方法自体が分からないから、勉強習慣が身につかない…」
生徒の苦手分野を効率良く探り、ピンポイントで学習できます。
「各教科あと10点ずつ上げたい…」
「部活と勉強との両立が大変で、まとまった学習時間がとれない…」
「数学だけ教えてほしい…」
お任せください。要望に全てお答えします!!
専属の講師が、あなただけの学習プランを立て、結果に結びつけます。

家庭教師
(講師1人対生徒1人)