北海道公立高校入試情報

そうだったのか!中学校の通知表の成績は、こう決まる

「テストで90点をとったのに、通知表の評定は『3』のままだった‥‥」
「絶対評価では90点以上だったら『5』じゃないの?」
このように、中学生や保護者の方から通知表について質問を受けることがあります。受験を考えると少しでも上げておきたい通知表の評定。
まずは、気になる通知表のつけ方と評定を上げるポイントをお話しします。

何が基準?気になる通知表のつけ方

まず、通知表の「3」や「4」などの評定の横にある、A~Cの評価を見てみましょう(学校によっては◎、○、無印となっていたりします)。これを観点別評価と言います。通知表の「3」や「4」などの評定は、この観点別評価の組み合わせによって決まっているのです。
観点別評価は、「関心」のような授業中の挙手の回数や調べ学習での取り組みから、「知識」のようなテストの点数まで、それぞれA~Cの3段階で成績をつけます。そして、これらの組み合わせで次のように通知表の評定が決まっているのです(観点は教科によって異なります)。
そして、これらの組み合わせで次のように通知表の評定が決まっているのです
(観点は教科によって異なります)。

内申アップの秘訣に迫る!

例えば、社会科の場合~社会科の場合、通知表の評定は「関心」「思考」「表現」「知識」の4つの観点がもとになっています。国語の場合は観点が5つだったり、英語は「話す・書く」「聞く・読む」などの観点があったりと、教科によってまちまちですが、どの教科も基本的には次に示した通りです。

■社会科の観点:評価される内容の主な例
関心・意欲・態度:授業態度、提出物、時事問題への関心思考・判断:調べ学習への取り組み、テスト(理由を問う問題)
表現・処理:ノートのまとめ方、テスト(資料を読み取る問題)
知識・理解:小テストやテスト(知識を問う問題)

大切なことは、授業への取り組み、ノートのまとめ方、提出物の提出状況などが評価されることです。テストの点数も大切ですが、テスト以外のことも大切です。内申アップの秘訣はここにあるのです。

北海道公立高校入試 ~出願から二次募集まで~

①一般入試出願受付 平成31年1月20日~25日前後
出願状況発表 平成31年1月27日前後
出願変更受付期間 平成31年1月30日~2月3日前後
出願変更状況最終発表 平成31年2月14日前後
学力検査 平成31年3月5日(火)
合格発表 平成31年3月18日(月)
※二次募集を行う場合…受付期間 平成31年3月23日~24日前後

②推薦入試出願受付 平成31年1月20日~25日前後
出願状況発表 平成31年1月27日前後
出願変更 できません
面接日 平成31年2月12日(火)
合格内定通知 平成31年2月20日まで
再出願 平成31年2月21日~23日
再出願後の出願状況 平成31年2月28日前後

平成31年度私立高校入試日程
A日程:2月14日(木)・15日(金)
B日程:2月19日(火)・20日(水)