お知らせ

  • mixiチェック

「アドバンスセミナー 模試終了後」

■2019/08/28 「アドバンスセミナー 模試終了後」
「アドバンスセミナー 模試終了後」
 模擬試験・総合学力テストなど、様々な試験を受ける事になる2学期、そこに向けての勉強もそうですが、模擬試験終了後の心構えも少し説明します。

1、自己採点の習慣を身につけよう

 高校入試の終了後、自己採点をし、実際に何点ぐらい取れたのかを把握します。それによって、あらかたの合格・不合格がわかります。

 これは入試当日に1回で出来るものではありません。模擬試験が終わり、問題と解答の記憶が鮮明なうちに必ず点数を出せる精度の自己採点をして下さい。

その為には、普段の試験の受け方に工夫をしましょう。
・選択問題は選んだ答えに印をつけておく。
・国語の記述問題は、答えを書くのに使った問題文に線をひく。
・その他理由を答える記述問題は、答を考えるときの箇条書きを問題用紙に書いて残す。


2、やり直しにも順番がある
 模擬試験のやり直しをきちんと残している方もいます。素晴らしい習慣だと思います。ただ、そこにも少し考えて頂きたい事があります。

 残念ながら、問題の中には、超難問(全受験生のうち、正答率が10%を切るような問題)があります。正直、これは最後に扱うべき問題なのです。

 今の自分のレベルで、必ず落としてはいけない問題が存在します。そこをしっかり記憶し、類題を解いて出方・数字が変わっても解けるかを確かめるのです。

 アドバンスでは、個別教室でも家庭教師でも、一人ひとりテストのやり直し・見直しをしてます。やりっぱなしになった模擬試験がある方、一緒に模擬試験のやり直しをしませんか?







家庭教師アドバンス
URL http://pt-adv.jp
札幌市中央区南21条西8丁目2-16
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
フリーダイヤル:0120-405-150
※9:00~22:00(年中無休)