お知らせ

  • mixiチェック

アドバンスセミナー『資料の整理』

■2018/08/30 アドバンスセミナー『資料の整理』
アドバンスセミナー『資料の整理』
通常だと、あまり重要視されない単元かもしれませんね。
しかし…前回も述べましたが、今回の学力Aテストでは熱い単元です。

まず「相対度数」って理解してますか。
簡単に言うと全体に占めるパーセントを小数で表すだけです。まだ難しいですか?
それでは…


(例)30人のクラスで15人がスマホを持っていた。スマホを持っている人の相対度数を求めよ。

この場合、クラスの半分の生徒がスマホを持っている。要するに50パーセントですね。
50パーセントは小数で表すと0.5です。(100パーセントが1、0パーセントが0です。)
つまり、スマホを持っている人の相対度数は0.5です。

でも参考書などでは
「相対度数…各階級の度数の、全体の度数に対する割合のこと。

ある階級の相対度数=その階級の相対度数÷度数の合計」と書いてあります。

さっきの例題と同じことを言っているんですがねえ…。どうでしょうか。
分かってもらえたかな?



だから相対度数は1を超えることはありません。

だって30人中、90人がスマホを持っているなんてことありえませんから。

こんな簡単なのに、模擬試験の解答欄に1を超えた数値が記入されているのを散見します。

アドバンスでは、そんな悩みをドンドン解決します。


家庭教師アドバンス
URL http://pt-adv.jp
札幌市中央区南21条西8丁目2-16
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
フリーダイヤル:0120-405-150
※9:00~22:00(年中無休)